セキュリティ対策

ネット銀行では、どこでもネット犯罪や詐欺などから預金を守る工夫がされています。
ネット銀行は、インターネットを使った銀行であるため、ネット犯罪などを防ぐための対策も大切となるのです。

たとえば、「新生銀行」では、暗証番号が仮に流出してしまっても、セキュリティカードがなければログインしたり取引したりできない仕組みを持っています。

また、「住信SBIネット銀行」では、振り込め詐欺などをパターン化して、そのパターンに合致すると振り込みが一時的に停止されるといったシステムになっています。
そうして頻発する詐欺被害を防ごうという考えなのです。

それに、何らかの取り引きが行われればメールですぐに連絡が来るようになっており、自分の知らない取引が行われても分かりやすいようになっています。

セキュリティ対策のしっかりしたネット銀行とは?

セキュリティ対策で選ぶなら、一押しなのは「ジャパンネット銀行」でしょう。
この銀行では「トークン」と呼ばれるセキュリティグッズがあり、使用可能なパスワードはその時によって変わってきます。
そのため、もしパスワードが外部に流出するようなことがあっても、預金を守ることが可能なのです。

そのためジャパンネット銀行は、セキュリティの面ではかなり強いという評価がされています。
トークンとはキーホルダー状の小さなグッズですが、インターネット上でのパスワード詐欺にも安心できる仕組みになっているのです。

また、新生銀行ではセキュリティカードというものを発行しており、これもトークンと似たような仕組みを持つものです。
ログインのたびに毎回違ったパスワードなどが必要となり、不正使用がされにくい仕組みになっています。

ただし、ログインするたびにセキュリティカードを携帯しなければならないという面倒さも少しだけあるのが現実です。

定期預金の仕組みとは?

セキュリティ対策がしっかりしているならお得な定期預金も利用したいですね。

定期預金とは、普通預金よりも高い金利を得ることができ、一定期間払い戻しをしないことが条件となる預金のことをいいます。
そのため、定期預金は原則として預金するときに決めた期間は、解約できないようになっています。

もしその期間中に解約することになれば、通常は普通預金よりも安いペナルティ金利が付くことになります。
しかしそれによって元本の金額を下回ることはない仕組みになっています。

定期預金は、その運用性が高いのが特徴であり、預金商品のなかにはその期間が数カ月から数年までの範囲のものがあります。
基本的に預金期間が長くなるほど、金利は高くなることが多いです。

ネット銀行でも、お得な定期預金の様々な商品がありますから、それらの情報を調べてから自分に合ったネット銀行を探すのもいいでしょう。

定期預金がお得なネット銀行とは?

まず、定期預金において嬉しいサービスがあるネット銀行といえば、「新生銀行」でしょう。
最もおすすめの定期預金である二週間で満期になる定期預金の商品があります。

そんな短い期間払い戻しをしないだけで、金利は驚きの0.22%という高い水準になっています。
この預金は、2010年には何と1兆円以上の預け入れ額を記録した人気の商品となっています。

満期になる期間が短いため、元本は減らしたくないが有利な運用をしたいと考えている人や、資金をそのまま寝かしておくのは勿体ないという考えの人には最適の預金でしょう。

また、「大和ネクスト銀行」も高金利の定期預金を商品にしています。
2010年に創業されたばかりのまだ歴史の浅い銀行ではありますが、ネット銀行の中でも最高水準といわれる定期預金金利を提供し、人気を集めています。

たとえば、6カ月定期では0.20%であり、1年定期では0.25%という高金利が魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です