家を買うという事

住宅の購入は、人生の中でも大きな決断を要することだと思います。
現在のような低成長の時代では、住宅を何度も買い替えることは難しくなっています。
ですから住宅の購入は多くの人にとって、一生に一度の経験になるのではないでしょうか。

さてそのように、一生に一度の経験で、「失敗したくない」と思うのは当然です。
そこでこのサイトでは、住宅を購入するにあたって考えなければいけないことをまとめてみました。
これから住宅を購入しようと考えている方の参考になればと思います。

住宅を購入するにあたって考えなければいけないのは大きく分けると3つ!

住宅を購入するにあたり、考えなければならないことは、大きく分けて3つです。

まずは「お金」について考えなければならないのは言うまでもありません。
多くの人は住宅を購入するのに、ローンを利用すると思います。
そうなると、

  • 予算はどのくらいを想定するのか
  • 借入先はどこにするのか
  • 金利、返済期間はどうするのか
  • 親や親族からの援助は期待できるのか
  • 諸費用はどうするのか
  • ボーナス返済は利用するのか

などなど、考えるべきことは山ほどあります。

また住宅を購入するには、「ロケーション」も大事です。

  • 職場からの距離はどの程度にするのか
  • 実家からの距離はどうするか
  • 駅からの距離はどのくらいを考えるか
  • 近隣の治安や公共施設はどうなのか

などなどのことは、暮らしていく上で重要な問題です。

さらに住宅は、「機能」を考えることも大切です。

  • 一軒家にするのかマンションにするのか
  • 新築か、中古か
  • 建築会社はどうするのか
  • 部屋の間取りはどうするか
  • 設備はどのようなものを入れるのか

などなどを、よくよく吟味しなければなりません。

3つの中では「お金」が一番大切

住宅を購入するにあたって考えなければらないこれら3つのことのうち、大切なのは、やはりお金です。
お金のことは、人生に与える影響が、やはり最も大きくなります。
その後何十年を決めることにもなってきて、一旦決めると変えることはなかなかできません。

よくモデルルームを見て気に入って、無理して住宅を購入する人がいます。
このような住宅購入の仕方は、最もよくないやり方です。
その後の人生長い期間にわたり、無理をし続けなければならないことなりかねません。

住宅を購入するにあたり、お金のことは、翌々考えるようにしましょう。

住宅を購入するにあたって、やはり「お金」のことは、一番きちんと考えなければいけない問題です。
住宅購入は非常に大きな買い物です。
無理をしたりなどすると、その後の人生を大きく狂わせることになりかねません。

住宅購入のお金「5つ」のポイント

住宅を購入する際のお金については、考えるのは次の5つのポイントになってきます。

  1. 賃貸か持ち家か、購入するならいつにするか
  2.  予算はいくらにするか
  3.  ローンはいくら組むか
  4.  ローンを何年で返済するか
  5.  金利は固定にするのか、変動にするのか

賃貸か持ち家か、購入するならいつにするのか

まずはもちろん、これが一番大きな決断です。
住宅は、購入せずに賃貸に住むのも、一つの賢い選択です。

収入が、住宅購入が可能なだけあるのかを考えなければいけません。
また頭金があるのかないのかも、考えるべき問題です。

転勤があるという人もいると思います。
住宅を購入すると、転勤はどうしても難しいことになります。

以前なら、購入した住宅は、比較的容易に売却できました。
でも今は、住宅を売却しようとすると、損を出すことが少なくありません。

住宅ローンは、長い期間にわたって払わなければなりません。
一度住宅ローンを組んでしまうと、売却か、もしくは自己破産しない限り、ローンを払い続けなければなりません。

購入予算をいくらにするか

購入予算をいくらにするかで、ローンをいくら組まなければならないかが決まってきます。
支払い方法の違いによる総額の差は、住宅の価格以上に大きくなることがあります。

ローンはいくら組むのか

ローンはもちろん、少ないに越したことはありませんが、組まないわけにはいきません。
預金や親族からの援助があるならば、その分ローンは少なくすることができます。

この不景気な時代ですから、将来の収入がいくらになるか、分からないところがあると思います。
ですが一度組んだローンの返済は、それから何十年と、確実に続くことになります。

ローンを何年で返済するのか

ローンを何年で返済するかにより、同じ金額のローンを借りても、返済額は大きく変わります。
短期間で返済すれば、利息が減るため、総額は減ることになりますが、毎月の額は増えます。

毎月の返済で、無理をしないことがまずは大切です。
もし余力があれば、繰り上げ返済をする手もあります。

金利は固定にするのか、変動にするのか

金利を固定にすると、返済期間全てにわたり、金利は変わらないことになります。
これは将来の不安がないとも言えます。

ただ変動金利のほうが一般に、固定金利に比べて当初金利は安くなります。
景気の動向などを考えあわせながら、どちらにするのかを決めなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です