上手に利用したいネット銀行

ネット銀行は、別名インターネット銀行、またはネットバンクなどと呼ばれています。
実際に店舗を展開している一般の銀行とは違い、インターネットを利用して便利で新しいサービスを行っている銀行なのです。

たとえば、相手の口座番号が分からなくても、メールアドレスと名前だけで振り込みができる、などの便利なサービスがあります。
その特徴としては、店舗がなかったり、店舗があっても少数であることが大きな特徴でしょう。

そのうえ店舗型の一般の銀行では必須となる通帳も、ネット銀行では発行されないことがほとんどです。

ただし、取引内容をしっかり確認することは可能です。
それに、通帳のような記録をダウンロードすることもできるようになっています。

便利なネット銀行に貯金しよう

ネット銀行の大きな特徴には、リアルタイム送金というものがあります。
同じ銀行同士なら24時間365日、いつでも振り込みをすることができます。

振り込まれたお金は、すぐに相手先の口座に移動されます。

ネット銀行なら、平日の15時以降は翌営業日の振込扱いになる、というようなことがないのです。
また、土日祝日の場合も同じです。

たとえば、大学や専門学校に通うために子供が一人暮らしをしていることがあります。
そうした場合、仕送りだけではお金が足りない、という事態に陥ることもあるでしょう。

それに、もし財布をどこかに落としてしまい、それが金曜日だった、というようなこともあるかもしれません。

一般の銀行や郵便局などの金融機関では、受け取る側の口座にすぐにお金が反映されないので、子供は困ってしまうことになります。

でも、ネットバンクのリアルタイム送金であれば、たとえ子供が財布を落としたのが夜の10時であっても大丈夫です。
24時間365日、ネットからネット銀行にログインしてログイン画面から手続きをすることにより、すぐに子供の口座にそのお金が反映されるのです。

一番便利、一番お得なネット銀行は?

ネット銀行には、高金利の普通預金や定期預金の他、コンビニATMが無料で使えるなどの様々な便利さがあります。
そして、インターネットを通じて様々な便利なサービスが利用できます。

一般の銀行でもオンラインを通じて便利なサービスを提供しているところもありますが、ネット銀行のほうがそうしたサービスが充実しています。
また、コンビニATMからの預金引き出しも可能になり、24時間いつでもコンビニに行けばお金をおろせるようにもなっています。

ネット銀行は、もともと自分の店舗を持ちませんから、預金者はコンビニや郵便局、他行などのATMを利用することによってお金をおろすことになります。

そのため、引き出し手数料が安かったり無料であったりします。

たとえば、ネット銀行の新生銀行では、都市銀行や信託銀行、ゆうちょなどのATMからも手数料無料で利用することができます。

お得なネット銀行を選ぶポイントとは?

ネット銀行を選ぶなら、様々な条件のなかからネット銀行を比較してみるのがいいでしょう。
一番お得なネット銀行は、一体どの銀行なのでしょうか?

たとえば、ATM手数料や振り込み手数料などをポイントとして選ぶという方法があります。
無料で使えるATMが全国で6万台もある新生銀行なら、「セブン銀行」「イーネット」「ローソンATM」などがすべて利用制限なしで使えます。

また、住信SBIネット銀行であれば、セブン銀行は利用制限なしで、イーネットやローソンATMなら月に5回まで無料で利用することができます。

その他、ネット銀行の便利なサービスを比較してお得なネット銀行を選ぶ方法もあります。

ジャパンネット銀行を例にすれば、トークンやワンタイムデビットを使ってのセキュリティ対策に優れているところが魅力的です。
或いは楽天銀行であれば、ゴールドラッシュプログラムというキャッシュバックサービスなどもあります。

住宅ローン選びで失敗しないためには

住宅購入をするほとんどの人が利用している「住宅ローン」。
当たり前のように借り入れを行い、長い時間をかけてローンの返済をするのが当たり前になっています。

あまりにも当たり前になりすぎて、住宅ローン=借金」という意識が薄くなっている人も少なくありません。
中には、住宅ローンの返済が苦しくなり、せっかく購入した住宅を手放すことになってしまう人もいるくらいです。

では、住宅ローンを上手に選び、失敗をしないためにはどうしたらいいのか?

住宅ローンを借りる場合、まず考えるのが近隣の金融機関です。
得に普段利用している銀行などに相談し、そのまま勢いでという人もいますが、ちょっと待ってください。

他の金融機関のローン金利がいくらなのかなど、一つの銀行だけではなく複数の銀行を比較することが大切です。
最近は実店舗を持たないネット銀行などでも、住宅ローンの借り入れができるようになりました。
全国が対象となりますので、ネット銀行の金利なども視野に入れて比較してみましょう。
公的機関である「住宅金融公庫」なども比較するのを忘れないようにしましょうね。

また、各企業などで提供している、社員向けの住宅ローンなど福利厚生の一環として準備しているケースもあります。

上手に借入するには、借入のしやすさや金利のタイプ、返済期間、将来繰り上げ返済が可能かどうかなど、確認することが大切です。
焦って借り入れをするのではなく、色々な金融機関を比較し、ゆとりをもった返済計画をたてれるように時間をかけるようにしましょう。

参考記事:資金計画を立ててみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です